プロフィール
りょうゆう
りょうゆう
経営者再生コンサルタント
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

『実録!二代目奮闘記』  第6話 社員様特別交際費 ①


第6話
総務課長に地元中堅繊維会社を定年退職された人柄の良い岩井さんという方が入社されました。

忠志君はホッとしました。

これから、総務、経理の責任者として業務遂行の自信がありませんでしたが、人格者の経理マンが来てくれたのです。

お蔭で落ち着いて経営分析や企画する時間が忠志君に生まれました。
ある日、月次の試算表を推移表にして分析を始めたところ、妙な数値が目に入りました。

接待交際費です。
現在、お歳暮・お中元は総務が見ていますから全額把握しています。
それ以外の接待交際費は、お客様の接待と業界のお付き合いしかありません。
業界のお付き合いは社長が殆どですので、残りは営業の大石くらいです。
2年前まで営業だった常務の端本は現在製造責任者ですから殆ど交際費はないはずです。

早速交際費の伝票を全部めくりなおして調査しました。
おかしなことに、『バー寿美』の未払い計上が毎月発生しています。

此の頃、会社の業績は順調に推移し始め工場の残業が多くなっていました。
昭和の50年前後は月100時間の残業はあたり前の様な時代です。しかも、年間休日は70~80日、有給休暇は殆ど消化されず、有給を取る人は仕事が嫌いな奴、出来ない奴とレッテルが貼られる時代です。

忠志君も毎日10時ごろまで残業をしています。
或る時、そろそろ帰ろうかなと思い、帰り支度をして工場を突っ切って帰ろうとしました。
工場建物は東西に約100mあります。

向上に入って最初に大型プレスラインを通ります。
続いて小型プレスライン。
休憩所に2~3人作業員が深夜残業で残っています。

「お先に失礼します。」と言って休憩所の脇を過ぎようとしました。

と、良い香りがします。
醤油を焦がした日本人の好きな香りです。

此の時代コンビニエンスストアなんてものはありません。
お店はどこも閉まっています。

冬でしたらストーブで何かを焼いていることもありますが、夏です。

不可思議な気持ちを抱いた忠志君は、
「良い香りがしますね。」と言いながら作業者に近づきました。

焼きおにぎりです。
それも小さめのきれいな三角形をした醤油もムラの無い見事な芸術的な焼きおにぎりです。
「ええ、夜食の差し入れを戴きました。」
「へえ、随分上手な焼きおにぎりですね。」
「まあ、プロの作った焼きおにぎりだからね。」
「ああ。どこの焼きおにぎりですか?」
「それは知らないけど、端本常務が手配してくれて届くんです。」
「そうですか。じゃあ、御先に」

忠志君は、端本常務の奥様が作ってくれているのかなと首をかしげながら帰宅しました。
何か不信を感じた忠志君は翌日の晩も居残り、夜9時半ごろに守衛室に座っていました。

すると、暫くして軽自動車が入ってきました。

「今晩は、どちらさまでしょうか?」忠志君は尋ねました。
「あっ、何時もお世話になっています。あれ?赤城部長じゃないですか。寿美です。」
何と、その顔はバー寿美の料理人さんです。

「こんな時間に何の御用ですか?」
「端本常務さんから深夜残業が有るから焼きおにぎりを届けるように言われまして持ってきました。」
「?????」

本日は、大分長くなりましたので、続く。





 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。